page-top

News

お知らせ

2024.06.20news
【特別WEBセミナー】公益通報(内部通報)への対応と個人情報の保護


▶ ご予約フォームはこちら ◀

【日程】2024年7月24日(水)14:00~15:00 【対象】組織で個人情報を取り扱う方     主に民間事業者等における内部通報制度に関わる方     そのほか情報システム、人事総務など管理業務に関わる方にも     参考となる内容となり、業界問わずご参加可能です。 【料金】無料 【利用ツール】Zoomウェビナー

【内容】 このところ報道されている不正や不祥事など、企業内に起きている問題について、 社内、社外の相談窓口に通報できる制度として公益通報(内部通報)があります。 最新の消費者庁の調査によると、不正発見の端緒約70%である内部通報制度を 導入している事業者は71.9%であり、その運用において困難なこととして、 従業員の秘密保持とプライバシーの保護などが挙げられています。 2022年6月の改正公益通報者保護法により、常時使用する労働者が301人以上の 事業者は、新たに内部公益通報に関する体制整備を行うことが義務付けられ、 対応業務従事者については新たに守秘義務が明記されました。 (公益通報者が特定できる情報を漏らした場合は罰則) 事案が重大であるほど情報の取り扱い方は大切で、解決を優先するあまり、 プライバシーおよび個人情報の保護をないがしろにしてはなりません。 今回は「公益通報(内部通報)への対応と個人情報の保護」と題して、 JPAC JCPC認定プライバシーコンサルタントの資格をもつ講師が 重要なポイントをわかりやすく解説します。


担当部署の方はもちろん、管理部門の責任者の方にも参考となる内容です。 どうぞお気軽にご参加ください。

【講 師】 2004年JCPC認定資格取得、勤務先において法務、情報セキュリティ、 内部監査業務を統括し、主に、コンプライアンスとリスクマネジメントを 担っています。 情報管理・コンプライアンス・ハラスメント・リスク対策など内外での講演は 述べ250回受講者は9,000名以上と講師経験は豊富で、勤務先においては 個人情報保護相談と内部通報の窓口にて相談の受付のほか事案解決の指導なども 行っています。 ※本セミナーは、JPAC認定資格であるCPA、CPP資格更新講座ではございません。 ※JPAC認定資格であるJCPC、CSM資格者様の継続教育単位の付与はございません。